Chrome 68ベータ版でhttpとhttpsの表示を比べてみた

7月リリース予定のchrome 68では、http/httpsでアクセスした場合にアドレスバーの表示が変わる。

具体的にどのような表示になるのか、chrome 68ベータ版をインストールして比較してみた。

httpでアクセスした場合

「保護されていない通信」と表示される(新規)

httpsでアクセスした場合

緑の文字で「保護された通信」と表示される(今までと同じ)

表示に関係なく、すぐにSSL化を!

この表示に関係なくSSL化を勧めるのはセキュリティの面からだ。
SSL化していなければ、WordPressの管理画面にログインする際にIDやパスワードが盗まれる可能性がある。
管理者権限でログインされてしまえば、あとは好き放題だ。
パスワードを変更されて二度とログインできなくなるかもしれない。もしくはスパムメールの踏み台にされてしまうかもしれない。

このようなことが起きないよう、早急にSSL化することを強くお勧めする。

自分でSSL化できない場合にはプロに作業をお願いしたほうがいいだろう。
私もSSL化作業を1万円で請け負っているので、お問い合わせから依頼をして欲しい。

ABOUTこの記事をかいた人

森 英一

「ブログを超えて」をモットーに、ビジネスに役立てるためのウェブサイト制作を行っている。守備範囲はWordPressにとどまらず、ウェブサーバ(Linux)やメール配信システムなど幅広い。