WordPressの初期設定2.「投稿設定」

Pocket

ここではWordPressの投稿設定の設定方法について解説する

投稿設定では基本的に投稿用のカテゴリーの初期設定のみを設定すればよい。

投稿設定

設定-投稿設定

投稿用のカテゴリーの初期設定

デフォルトの投稿フォーマット

設定-投稿設定
投稿するときのデフォルトのカテゴリーを設定する。
初期設定の未分類のままだと、投稿時にカテゴリー設定を忘れてしまう場合がある。よく使うカテゴリーを選んでおくと便利だ。

デフォルトの投稿フォーマットは標準のままで問題ない。

メールでの投稿

設定-投稿設定-メールでの投稿
ここは設定しない。このメールでの投稿機能は廃止予定だからだ。

更新情報サービス

設定-投稿設定-更新情報サービス

ここでは設定しない。
このサイトでは更新情報サービス(ping送信)はプラグイン「WordPress Ping Optimizer」を使用する。

更新情報サービスとは
更新情報サービスは、ブログを更新したことをお知らせするのに利用できるツールです。WordPress は投稿を作成・更新する度にXML-RPC ping を送信することによって、ブログが更新されたことを人気のある更新情報サービスに自動的に通知します。更新情報サービスは順番にこうした ping を処理し、独自のインデックスを更新します。これにより、読者はGoogle ブログ検索や Yahoo! ブログ検索のようなサイトからあなたの最新の投稿を発見できます。(「更新通知サービス」より引用)

カスタムコンテンツタイプ

設定-投稿設定-カスタムコンテンツタイプ

ここも設定不要だ。

変更したら「更新を保存」することを忘れずに!

設定を変更したら「更新を保存」ボタンを押して更新を忘れないようにしよう。

以上で投稿設定は終わりだ。

ABOUTこの記事をかいた人

森 英一

「ブログを超えて」をモットーに、ビジネスに役立てるためのウェブサイト制作を行っている。守備範囲はWordPressにとどまらず、ウェブサーバ(Linux)やメール配信システムなど幅広い。